デザイナーは、久保嘉男(Yoshio Kubo)。2000年フィラデルフィア・スクール・オブ・テキスタイル&サイエンスを卒業。ニューヨークでロバート・デニスの元でアシスタント・デザイナーを経験。オートクチュールの服作りを手掛ける。約4年間キャリアを積んだ後、2004年に帰国。同年、久保嘉男が自身の名を冠したブランド「ヨシオ クボ」をスタート。2009年春夏コレクションにて東京コレクションにデビュー。2017年1月にはジョルジオ アルマーニ(GIORGIO ARMANI)が、新進デザイナーを支援するプログラムの支援を受け、はじめてイタリア・ミラノで2017-18年秋冬コレクションを発表し話題をさらった。
Yoshio Kubo graduated from Philadelphia University's school of Textile & Science in 2000. After he graduated the school, he had been working for New York haute couture designer "Robert Danes" as an assistant designer for 4 years in New York. In April 2004, Yoshio Kubo came back to Japan to start his original label "yoshio kubo". In 2007 established "groundfloor Co,.Ltd" in Tokyo. In September 2008, yoshio kubo debuted on runway in Tokyo collection.

yoshiokubo (ヨシオクボ)

新着順  |  価格順  |  おすすめ順