岩本象一『 寂たる帰航 』[sekitaru kikou](CD+BOOK)

視聴はこちらで。

岡山在住のアーティスト、岩本象一さんによる即興音楽+散文集。
専門であるガムランではなく、アップライトピアノとクラシックギターを
主にしたインスト(歌無)、完全即興の音の世界。
全21曲、それぞれに岩本さんによる21の散文詩がついており、
COCHAEこと、軸原ヨウスケさんによるデザインのブックレットに
優しくもキレのある世界が詰まっています。

舟で旅しているような、静かに漂っているような温かい音に、独特な世界感をもつ言葉。
音からも言葉からも、東南アジアで過ごした経験を持つ彼自身の世界観を感じます。
即興でピアノとギターがメインとはいえ、やはり本業が打楽器奏者の岩本さん、
それぞれの楽器を「打楽器的」に使用しているような曲もあり。
その多彩な音世界から感じるのは、ピアノはエリックサティやジョンケージ、
ギターは武満徹に通じる音、そしてやはりガムランのようなアジアの音。
東南アジアのリズムを感じる文章と、自由で静謐な音世界。不思議な組み合わせ。
ブックレットの紙・色・デザイン・インク、そしてCDのケースと盤の色、
パッケージとして、何処をとっても徹底したこだわりと心遣いを感じます。

音を聞きながら言葉を読んでほしい、という意図とのことですが、
ブックレットのデザインしかり、言葉しかり、音の世界しかり、
それぞれが本当に素敵なので、お好きな楽しみ方をしていただけます。

何かをしながら、ではなく、音を、言葉を堪能するだけの特別な時間を持つことで、
忙しい毎日で忘れていた何かを、大切なものを思い出す。
この音を聞きながら言葉を味わう、その時間含めた全てがこの作品です。
静かで優しい時間を、プレゼントにもぜひ。

※CDに朗読は入っておりません。言葉なし、音楽のみです。

<岩本象一プロフィール>
1981年生まれ 神戸出身。主に叩いて演奏できるモノを奏する人。
音で情景を描く音の詩人でありたいと思っている。
インドネシア留学を経て2010年より岡山在住。
ジャワガムラン教室を開講し、各地でワークショップを行う一方、
様々なグループに参加し演奏活動をしている。
音を媒体として人と場を繋ぐこと、またその場からゆるぎのない音と
沈黙を導きだす事を目指している。
販売価格 2,376円(税込)
販売価格
2,376円(税込)
形態
購入数